2012年03月27日

いったいどのように職場の上司・部下との人間関係をうまくやったらいいのか?


職場の人間関係がうまく行かない方へ




『無料メールセミナー』の詳細はこちら


職場には、いろんな人が一緒に働いています。
気の合う人もいれば、気の合わない人もいます。

別に、何をされたわけでもないのに、
不快な感じを覚えたり、なぜか気が合わなくてけんかになったり、
モチベーションが下がったりと、職場という限られた環境では、
いやでも顔を合わせなくてはいけない人もいます。

なぜ、誰とでも親しく、好意的におつきあいできないのでしょうか?
その人との関係は、今後、改善されるのでしょうか?

仕事・職場の上司・部下との人間関係のストレス、悩みを解決!


職場の人間関係の解決のヒントはこちら


posted by 人生のマスター at 01:00| 職場の人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

アイビーと言う観葉植物は乾燥や低温に強いので、一年中外に放っておくこともできますが、それだと赤くなったり黄色くなったりはしますので、風水上は問題があるかもしれませんね(笑)。

観葉植物は現代社会の一服の清涼剤としてもはや必需品です。街のいたるところで、特に人の集まる病院や役所、さらには病院や会社のオフィス、受付などに置いてあるのを見かけます。
観葉植物は風水の上でも大事な存在らしいので、個人の家庭でもアイビー、パキラ、カポックなどの育てやすい観葉植物が愛されています。
観葉植物の効果は何でしょうか?もちろん風水の効果もあるのかも知れませんが、その自然な緑色の存在が人間の心に安らぎを与えるというのが最大の効果だそうです。
観葉植物がいろいろある中でも、日本だけでなく外国でも見かけることの多いアイビーを例にして、観葉植物の育て方、長持ちのさせ方そして人々とのかかわりについて見てみましょう。
ヨーロッパ原産のウコギ科の観葉植物の中でもアイビー(ヘデラ)はもっとも有名なもので、そしてつた系の特徴をよく反映して丈夫で乾燥や低温に強いこと、病気になりにくい観葉植物であることで知られています。
アイビーが観葉植物として最も優れているところは日照が少なくても元気でいられると言うところです。これなら室内に置きっぱなしでも心配要りません。
アイビーはつた系の観葉植物ですから乾燥や低温に強いので、やろうと思えば一年中外に出すこともできますが、それだとあの可愛らしい葉が赤くなったり黄色くなったりはしますので、風水上は問題があるかもしれませんね(笑)。
アイビーは水が少なくても多くてもなんとか対応してくれます。ハイドロカルチャーもできるし、ほんとうに適応力が高いです。
他の忘れてはならない手入れとして、アイビーやポトスなどのつた系の観葉植物はときどき枝を切ってやるのがよい刺激になりますし、風通しを考えても剪定してやりましょう。剪定した枝は刺し芽にも使えます。
観葉植物というだけでなく、アイビーは倉敷アイビースクエアなど、観光地でも有名なように、愛らしい葉っぱがいろんな世代から愛されている観葉植物です。
もちろん、上に書いたように丈夫なアイビーとはいっても霜や直射日光にやられると紅葉したりしますから、建物についたアイビーは季節とともにその色が変わります。
屋内の観葉植物としてだけでなく庭や建物の装飾としてもアイビーはとてもおりこうさんな観葉植物です。自然を、四季の移り変わりを感じる上で楽しいかもしれませんね。

[PR]

精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ


posted by 人生のマスター at 11:46| 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイビーの可愛らしい葉っぱが織り成す春夏秋冬の自然の息吹は見る人の心を豊かにします。屋内の観葉植物アイビーは自然の中でもみんなに愛される植物なのです。

観葉植物は街のいたるところで、特に人の集まる病院や役所、さらには病院や会社のオフィス、受付などに置いてあるのを見かけます。
風水の流行も観葉植物の流通には拍車をかけたかもしれません。風水詳しい方はアイビー、パキラ、ポトス、いろいろあるのに全部知っていたりします。
観葉植物の緑色が視野に入るだけで気持ちをリラックスさせる効果があるそうで、仕事が忙しいとその存在には気づかないものですが、恩恵は受けているようです。
観葉植物がいろいろある中でも、日本だけでなく外国でも見かけることの多いアイビーを例にして、観葉植物の育て方、長持ちのさせ方そして人々とのかかわりについて見てみましょう。
アイビーは別名をヘデラというウコギ科のヨーロッパ原産のつた系の植物です。観葉植物の中では低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。
アイビーはつた系の植物ですから、当然ながら日陰にも耐えます。家の北側や室内の日照でも十分に生きている扱い易い観葉植物です。
アイビーは丈夫な観葉植物なので外に放っておいても大丈夫なのですが、霜や直射日光では葉が痛んで見た目が美しくなくなりますので、真夏や真冬は屋内の方がよいです。
水分補給に関してはアイビーにはどのぐらいがいいかと言うと、土の表面が乾いたら水をやる程度でいいです。やり過ぎにも比較的強いようです。
他の忘れてはならない手入れとして、アイビーやポトスなどのつた系の観葉植物はときどき枝を切ってやるのがよい刺激になりますし、風通しを考えても剪定してやりましょう。剪定した枝は刺し芽にも使えます。
観葉植物というだけでなく、アイビーはさまざまな建物とセットとしても有名な植物です。例えば倉敷アイビースクエアなど、観光地でも有名なように、アイビーリーグや青山アイビーホールなど、愛らしい葉っぱがそのくっついた建物の象徴としていろんな世代から愛されている観葉植物です。
もちろん、上に書いたように丈夫なアイビーとはいっても霜や直射日光にやられると紅葉したりしますから、建物についたアイビーは季節とともにその色が変わります。
そういう自然を感じさせてくれるアイビーは観葉植物としてだけでなく、自然を感じさせてくれる戸外の草花として、昔から人々に愛されてきた植物なのですね。

[PR]

精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ


posted by 人生のマスター at 11:46| 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

アイビーがいくら丈夫だとしても、上述の通りで霜や直射日光にやられると紅葉したり黄色く枯れたようになったりしますから、建物についたアイビーは季節とともにその色が変わります。屋内の観葉植物のそれとは異なります。

観葉植物は家の中だけでなく、職場や病院などさまざまなところで目にしますね、人の集まるところには観葉植物が置いてあります。
風水を気にする人は観葉植物の存在には敏感に気がつくみたいです。アイビー、パキラ、ポトス、いろいろあるのに全部知っていたりします。
毎日残業でくたくたで観葉植物の存在にさえ気づかない人の心にも、その潜在意識にやさしい観葉植物たちは安らぎを与えてくれるそうです。
観葉植物の特徴は種類それぞれです。観葉植物の原産地やタイプによって育て方や増やし方は観葉植物によって異なります。とりあえずここではアイビーについて育て方や特徴についてちょっと見てみましょう。
アイビーは別名をヘデラというウコギ科のヨーロッパ原産のつた系の植物です。観葉植物の中では低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。
アイビーはつた系の植物ですから、当然ながら日陰にも耐えます。家の北側や室内の日照でも十分に生きている扱い易い観葉植物です。
丈夫な観葉植物なのでアイビーは外に放っておいても基本的には大丈夫なのですが、当然ながら霜や直射日光では葉が痛んで見た目が美しくなくなりますので、真夏や真冬は屋内の方がよいです。
アイビーへの水やりですが、本によって書き方は微妙に異なるものの、乾き目ぐらいでOKです。表面の土が乾いたらちょっと足してやるぐらい。
つた系の観葉植物の手入れとしてはアイビーだけでなく、ポトスなどもそうなのですが、あまり、葉が混んでいたら、すいて 風通しをよくして、虫を防ぎましょう。切った枝は簡単に刺し芽で殖やせます。
観葉植物でありながらアイビールックと言う言葉に代表されるように、キャンパスの古い建物の外側を覆っていて、それが愛されたりする植物でもあります。
倉敷アイビースクエアだろうとアメリカ東海岸の大学の建物だろうと、そのような建物の外壁にはりついたアイビーは厳しい自然の変化の影響で黄色くなったり赤くなったり、一部枯れたりもします。
建物の外観に自然のときの流れを感じさせてくれる装飾品としても、アイビーはみんなから愛されているのですね。観葉植物として愛されるのもそういうアイビーの歴史があったからでしょう。

[PR]

過去のトラウマに悩まされている方へ


posted by 人生のマスター at 21:29| 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

観葉植物でよく見かけるものにはアイビー、パキラ、ポトス、カポック、タイガーテールなどでしょうか。

観葉植物は街のいたるところで、特に人の集まる病院や役所、さらには病院や会社のオフィス、受付などに置いてあるのを見かけます。
観葉植物は風水の上でも大事な存在らしいので、個人の家庭でもアイビー、パキラ、カポックなどの育てやすい観葉植物が愛されています。
毎日残業でくたくたで観葉植物の存在にさえ気づかない人の心にも、その潜在意識にやさしい観葉植物たちは安らぎを与えてくれるそうです。
観葉植物がいろいろある中でも、日本だけでなく外国でも見かけることの多いアイビーを例にして、観葉植物の育て方、長持ちのさせ方そして人々とのかかわりについて見てみましょう。
ヨーロッパ原産の観葉植物の中でもアイビーはもっとも有名なもので、そして丈夫で乾燥や低温に強いこと、病気になりにくい観葉植物であることで知られています。
アイビーの観葉植物として一番便利な点はつた系植物らしく日当たりを気にしなくてもよいと言うことです。半日照でもOKなので、カーテン越しの日差しや、窓の小さい部屋などの暗めの場所に置きっぱなしていても何とか持ちます。
アイビーは上述のように本当に育てやすい、丈夫な観葉植物なので、一年中外に放っておいても大丈夫なのですが、枯れはしないのですが、霜や直射日光では葉が痛んで見た目が美しくなくなりますので、真夏や真冬は屋内の方がよいです。
アイビーへの水やりですが、本によって書き方は微妙に異なるものの、乾き目ぐらいでOKです。表面の土が乾いたらちょっと足してやるぐらい。
丈夫でよく伸びるアイビーの手入れとしては茂った先端を時々切ってやるのがいいのです。切り取ればそこから増やすこともできます、刺し芽は10cmほどの枝に葉が2、3枚ついていればいいし、とりあえずは水にさしておけば根が出ますので、勢いよくなってから移す手もあります。
観葉植物というだけでなく、アイビーはさまざまな建物とセットとしても有名な植物です。例えば倉敷アイビースクエアなど、観光地でも有名なように、アイビーリーグや青山アイビーホールなど、愛らしい葉っぱがそのくっついた建物の象徴としていろんな世代から愛されている観葉植物です。
もちろん、上に書いたように丈夫なアイビーとはいっても霜や直射日光にやられると紅葉したりしますから、建物についたアイビーは季節とともにその色が変わります。
そういう自然を感じさせてくれるアイビーは観葉植物としてだけでなく、自然を感じさせてくれる戸外の草花として、昔から人々に愛されてきた植物なのですね。

[PR]

過去のトラウマに悩まされている方へ


posted by 人生のマスター at 19:07| 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

つた系観葉植物アイビーを増やすには葉が2、3枚ついた枝を刺し芽してやればよいのです。ですから、ときどきは剪定してついでに増やしましょう。剪定も風通しがよくなるので虫がつきにくくなって一石二鳥です。

観葉植物は現代の無味乾燥な都会の暮らしに今や欠かせないものです。オフィスや病院、役所の待合室にも置いてありますね。
アイビーやポトスなどは観葉植物の中でも特に良く見かけるものですね。カポックやパキラ、サボテンなども良く見かけます。
毎日残業でくたくたで観葉植物の存在にさえ気づかない人の心にも、その潜在意識にやさしい観葉植物たちは安らぎを与えてくれるそうです。
観葉植物の特徴は種類それぞれです。観葉植物の原産地やタイプによって育て方や増やし方は観葉植物によって異なります。とりあえずここではアイビーについて育て方や特徴についてちょっと見てみましょう。
ヨーロッパ原産の観葉植物の中でもアイビーはもっとも有名なもので、そして丈夫で乾燥や低温に強いこと、病気になりにくい観葉植物であることで知られています。
アイビーはつた系の植物ですから、当然ながら日陰にも耐えます。家の北側や室内の日照でも十分に生きている扱い易い観葉植物です。
アイビーは丈夫な観葉植物なので外に放っておいても大丈夫なのですが、霜や直射日光では葉が痛んで見た目が美しくなくなりますので、真夏や真冬は屋内の方がよいです。
アイビーへの水やりですが、本によって書き方は微妙に異なるものの、乾き目ぐらいでOKです。表面の土が乾いたらちょっと足してやるぐらい。
つた系の観葉植物に共通する大事な手入れとして、アイビーだけでなく、ポトスもそうなのですが、あまり、葉がわさわさと茂って混んでいたら、すいて 風通しをよくして、虫を防ぎましょう。切った枝は簡単に刺し芽で殖やせます。
倉敷にアイビースクエアと言う観光地があります。そこはレンガ造りの建物に絡みついたアイビーがその象徴となっている、とても気持ちの良い観光施設です
そのような建物の外壁にはりついたアイビーは自然の影響で黄色くなったり赤くなったり、一部枯れたりもします。
自然を、四季の移り変わりを感じる上でアイビーのそういう変化は建物にも変化を表してくれるわけですから、むしろ楽しいかもしれませんね。屋内の観葉植物としてだけでなく庭や建物の装飾としてもアイビーはとてもおりこうさんな観葉植物です。

[PR]

自分の性格が嫌い直したいと思っている方へ


posted by 人生のマスター at 15:35| 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

アイビーはウコギ科の植物で、ヘデラとも呼ばれます。ヨーロッパ原産のつた系の植物で、その出自から想像できる通りに低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。

観葉植物は現代人の毎日の暮らしに今や欠かせないものです。家庭だけでなく、オフィスや病院、役所の待合室にも置いてありますね。
観葉植物はどうやら風水の上でも非常に大事なキーアイテムらしいので(ほんとかな?^^;)、個人の家庭でもアイビー、パキラ、カポックなどの育てやすい観葉植物が愛されています。
観葉植物の存在に気づかない人の心にも、潜在意識に安らぎを与えてくれるそうです。
観葉植物の中でも、そうですね、ここでは、特に見かけることの多いアイビーを例にして、大事な心のパートナーである観葉植物の育て方、長持ちのさせ方そして人々とのかかわりについてみてみましょう。
アイビーは別名をヘデラというウコギ科のヨーロッパ原産のつた系の植物です。観葉植物の中では低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。
アイビーと言う観葉植物は半日陰でも丈夫に育つので、日当たりなどにそれほど気を配らずに室内において置けるのも長所です。
アイビーは丈夫な観葉植物なので外に放っておいても大丈夫なのですが、霜や直射日光では葉が痛んで見た目が美しくなくなりますので、真夏や真冬は屋内の方がよいです。
アイビーは水が少なくても多くてもなんとか対応してくれます。ハイドロカルチャーもできるし、ほんとうに適応力が高いです。
他の忘れてはならない手入れとして、アイビーやポトスなどのつた系の観葉植物はときどき枝を切ってやるのがよい刺激になりますし、風通しを考えても剪定してやりましょう。剪定した枝は刺し芽にも使えます。
倉敷アイビースクエアと言う観光地はご存知ですか?倉敷の大原美術館などを含む美観地区というエリアがありますが、そこにアイビースクエアがあります。レンガ造りの建物に絡みついたアイビーがその象徴となっている、とても気持ちの良い観光施設です
いかに丈夫なアイビーとはいっても、上に書いたとおりで霜や直射日光にやられると紅葉しますから、アイビースクエアなどの建物についたアイビーは季節とともにその色が変わります。
アイビーは観葉植物としてだけでなく、そういう自然を感じさせてくれる戸外の草花として、建物の歴史とともに昔から人々に愛されてきた植物なのですね。

[PR]

自分の性格が嫌い直したいと思っている方へ


posted by 人生のマスター at 04:06| 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

風水の流行も観葉植物の流通には拍車をかけたかもしれません。風水詳しい方はアイビー、パキラ、ポトス、いろいろあるのに全部知っていたりします。

観葉植物は街のいたるところで、特に人の集まる病院や役所、さらには病院や会社のオフィス、受付などに置いてあるのを見かけます。
観葉植物で街中でよく見かけるものにはアイビー、パキラ、ポトス、カポック、タイガーテールなどでしょうか。割に種類は限られます。
あわただしくてせっかくの観葉植物の存在に気づかない人の心にも、観葉植物の緑色は潜在意識に安らぎを与えてくれるそうです。
観葉植物の育て方や増やし方は観葉植物によって異なります。ここではアイビーについて育て方や特徴についてちょっと見てみましょう。
アイビーはつた系の観葉植物で、低温にも高温にも強く、乾燥にも強い、重宝する観葉植物です。病気にも強い観葉植物です。
アイビーが観葉植物として最も優れているところは日照が少なくても元気でいられると言うところです。これなら室内に置きっぱなしでも心配要りません。
アイビーと言う観葉植物は乾燥や低温に強いので、一年中外に放っておくこともできますが、それだと赤くなったり黄色くなったりはしますので、風水上は問題があるかもしれませんね(笑)。
アイビーは水が少なくても多くてもなんとか対応してくれます。ハイドロカルチャーもできるし、ほんとうに適応力が高いです。
アイビーの手入れとしては時々切ってやるのがいいのです。そこから増やすこともできます、刺し芽は葉が2、3枚ついていればいいし、水にさしておけば根が出ますので、勢いよくなってから移す手もあります。
観葉植物アイビーは、アイビーリーグ、アイビールックと言う言葉に代表されるように、キャンパスの古い建物の外側にはりついていて、それが実に幅広い世代や国境を越えて愛されたりする植物でもあります。
そのような建物の外壁にはりついたアイビーは自然の影響で黄色くなったり赤くなったり、一部枯れたりもします。
でも、その可愛らしい葉っぱが織り成す自然の息吹は見る人の心を豊かにします。屋内の観葉植物アイビーは自然の中でもみんなに愛される植物なのです。

[PR]

子どもとの関係がうまくいかない方へ


posted by 人生のマスター at 03:36| 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

観葉植物の維持で悩む水分補給に関してはアイビーの場合、土の表面が乾いたら水をやる程度でいいです。まちがってやり過ぎにも比較的強いようですが、毎日かける必要はありません。

観葉植物はさまざまなところで目にしますね。家の中だけでなく、職場や病院、人の集まるところには緑が置いてあります。
観葉植物は風水の上でも大事な存在らしいので、個人の家庭でもアイビー、パキラ、カポックなどの育てやすい観葉植物が愛されています。
観葉植物の存在に気づかない人の心にも、潜在意識に安らぎを与えてくれるそうです。
観葉植物によって、ほんとにずいぶんと、観葉植物の育て方や増やし方は異なります。でも、ここではアイビーについて育て方や特徴についてちょっと見てみましょう。
アイビーは別名をヘデラというウコギ科のヨーロッパ原産のつた系の植物です。観葉植物の中では低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。
アイビーの観葉植物として一番便利な点は日当たりを気にしなくてもよいと言うことです。半日照でもOKなので、暗めの場所に置きっぱなしていても何とか持ちます。
アイビーは上述のように本当に育てやすい、丈夫な観葉植物なので、一年中外に放っておいても大丈夫なのですが、枯れはしないのですが、霜や直射日光では葉が痛んで見た目が美しくなくなりますので、真夏や真冬は屋内の方がよいです。
水やりに関しては、アイビーを植えてある観葉植物用の鉢の土の表面が乾いたら水をかけてやる、程度でいいのですが、たっぷりでもかまいません。
アイビーはときどき、茂りすぎた葉を切って風通しをよくしてやることも植物の勢いを保ち、虫害にさらされないようにするためには大事なことです。切った枝を刺し芽で増やすのも簡単です。
アイビーは育てやすく殖やしやすい便利な観葉植物としてだけでなく、倉敷アイビースクエアや青学アイビーホールなど、建物とその周りについたアイビーが一体化して認められ、世代を超えて愛されている植物でもあります。つたの絡まるチャペルで祈りをささげた日〜♪という歌詞でもアイビーが思い浮かびますよね。
もちろん、上に書いたように丈夫なアイビーとはいっても霜や直射日光にやられると紅葉したりしますから、建物についたアイビーは季節とともにその色が変わります。
建物の外観に自然のときの流れを感じさせてくれる装飾品としても、アイビーはみんなから愛されているのですね。観葉植物として愛されるのもそういうアイビーの歴史があったからでしょう。

[PR]

子どもとの関係がうまくいかない方へ


posted by 人生のマスター at 08:06| 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

もちろん、上に書いたように丈夫なアイビーとはいっても霜や直射日光にやられると紅葉したりしますから、建物についたアイビーは季節とともにその色が変わります。

観葉植物は最近では置いてあるほうが当たり前になってきました。病院や役所は言うに及ばず、事務系のオフィスの中でも良く見かけますね。
観葉植物販売店や観葉植物専門店は最近ずいぶん増えてきました。アイビー、ポトス、パキラにサボテン、観葉植物の需要は多いのですね。
そういう観葉植物の効果としては緑が心にもたらす安らぎ、空気の清浄化などがあります。風水もあるのかな?(笑)
観葉植物の特徴は種類それぞれです。観葉植物の原産地やタイプによって育て方や増やし方は観葉植物によって異なります。とりあえずここではアイビーについて育て方や特徴についてちょっと見てみましょう。
アイビーはヨーロッパ原産のつた系の植物で、低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。
アイビーのよいところは、室内でも室外でも、日向でも日陰でも、耐えられる、日照を気にしないでいいというところです。
つた系の観葉植物アイビーの長所、乾燥や低温や、低日照に強い点、それを信頼して外に置いておくことももちろんできますが、それだと葉は痛んで色が変わるのでご注意くださいね。
アイビーへの水やりですが、本によって書き方は微妙に異なるものの、乾き目ぐらいでOKです。表面の土が乾いたらちょっと足してやるぐらい。
丈夫でよく伸びるアイビーの手入れとしては茂った先端を時々切ってやるのがいいのです。切り取ればそこから増やすこともできます、刺し芽は10cmほどの枝に葉が2、3枚ついていればいいし、とりあえずは水にさしておけば根が出ますので、勢いよくなってから移す手もあります。
アイビーは育てやすく殖やしやすい便利な観葉植物としてだけでなく、倉敷アイビースクエアや青学アイビーホールなど、建物とその周りについたアイビーが一体化して認められ、世代を超えて愛されている植物でもあります。つたの絡まるチャペルで祈りをささげた日〜♪という歌詞でもアイビーが思い浮かびますよね。
もちろん、上に書いたように丈夫なアイビーとはいっても霜や直射日光にやられると紅葉したりしますから、建物についたアイビーは季節とともにその色が変わります。
そういう自然を感じさせてくれるアイビーは観葉植物としてだけでなく、自然を感じさせてくれる戸外の草花として、昔から人々に愛されてきた植物なのですね。

[PR]

成功したいと努力しているけのに思うように成功が実現できない方へ



posted by 人生のマスター at 01:26| 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。